Home // イベント報告 // 「2010桃と桜の岡山ラン(’10/4/4)」レポート

「2010桃と桜の岡山ラン(’10/4/4)」レポート

****************************
    開催案内はこちら
****************************


スティーブ撮影

4月4日の「岡山路その2」は、桃を見て、桜をみて、オプションで有森裕子記念館:アニモへ訪問、でした。

昨年は雨のなかを無理やり強行しました(せっかくの準備がパーになるのは偲びがたいのです)。結果、個人的にはたいしたことないのですが、年齢的に雨に当ると厳しい方々に囲まれてのランなので少々反省はしています。

さて、今年は・・・・

前日、竹沢代表・金木さん・友田さん・大島さんの4名が「小豆島ラン」の下見に行かれ、その足で岡山へ。他のメンバーは直接岡山へ。
ランの前日にホテルに泊まり夕食会が開かれました。夕食会は、お酒をたしなまない竹沢代表がおられるので、比較的穏やかに終わりました。


スティーブ撮影

さて、2次会です。金木さん、私に酒を飲ませればうるさいだけのただの酒飲み親父に豹変します、。ところがスティーブ・大島さんなどはマイペース(大島さんすいません、カメラ壊しちゃいました)。一騒ぎしてくたくたになり、ホテルへ。

気が付けば朝です。
金木さんは、既に早くホテルに来られ、お接待の準備万端であります。
(スイマセン 私西川は、今回あまりにも準備不足を痛感しております)
次々に来られる方を迎え、とある場所へ・・・

その場所は、戦前に建てられた、とある邸宅の駐車場でした。
金木さんが我々の為に、わざわざこの由緒有りそうな場所をキープしてくれていました。
さて、そこからランのスタートです。

昨年同様、金木さんの元部下のサポートをしっかり受けて走り始めました(金木さんは、元ファイヤーマン・消防士さんであります)。
サイクルサポート者は3名、車サポート1名、そしてCVJ7名、一般参加は2名です。

こじんまりしたグループなので比較的スムーズな走り出しで川沿いを走り、百間川の説明を受けます。

(旭川の氾濫から岡山城下を守る為、江戸時代初期に岡山藩主池田光政の命により築造された。旭川の東側を大きく迂回させ、干拓地の間を通って児島湾に至っている事や、「百間川」の名の由来は、堤防を含め百間(約180m)あったことによる。 )
現地で受ける説明は実に気持ちの良いもので、エラク感心し足を進める。

話を聞きながら、足を進め
道中、水路沿いに石の柱が斜め横に2本突き出ています。
これは、水車を留めるためのものです。田植えのシーズンなどではこの水車が一面にならぶようです。

(くだんのの百閒川のこともあり、ここは水位が根本的に低く岡山は江戸期から岡山は水難の繰り返しで又、水の恵みにも沢山満ちたところである)

続いて、アニモ:有森裕子さんの博物館へ
(金木さんが「有森裕子博物館へ、みなさん行きますか?」返事があいまいと見た西川がすかさず「行きましょう」)。時間的に早く行ったにもかかわらず、急遽笑顔で迎えてくださり、コーヒーまで出していただきました。(有森お母さんご馳走様でした)
「私ね、烏に焼酎を飲ませたような声しているでしょう」と謙遜されますが、一応西川は、「お母さん、今度烏に焼酎飲ませて調べてみるわ!」と軽くご挨拶。
ここでは書けない実に面白いお母さんでした。

急ぎ足で、少し古い中原橋を越えて玉柏駅へ。今は鉄ちゃんブームですので、岡山サポートの方はわざわざ立ち寄り、
時刻表を見ると、あと4分で電車が来ます(GOODタイミング!)。

ローカルな駅はなんとも言えません、駅前の店はたたんでやっていませんので自動販売機をおいていましたが、売れないのでソレも撤去、また販売機の雨よけテントも破れ、ローカル駅前最高!!気分です

電車が来る方向を間違えて、私まともな写真がありません(誰か下さい)。

さて、次に足を運びましょう。いたるところで桜が満開です。岡山城は人人人なのですが少し離れると、岡山は最高です。わんさか、人がいない。


スティーブ撮影

桜並木の人も離れ離れ、プライバシーが十分に守れる距離が保て、若い二人連れにとっては最高の場所でしょう。
そんな、事はどうでもいいんですが…。それなりの人が、良いです(最高と言っておきましょう)。あるところでは、犬の散歩中に道の真ん中で飼い主が寝ていても問題ないのです(どんなお方か存じませんでした)。
大島さんに、「この自転車の団体はなあに?」「ウォーキングも山歩きも飽きた、次は自転車!!」活発おばさんが登場です。「私今度一緒に走れる?」などと矢継ぎ早に。
金木さんがCVJ名刺を渡しました。来年、金木さんのエスコートで参加されるのを期待しましょう。(おしゃべりおばさんでした)

牟佐大塚古墳、備前国分寺跡、両宮山古墳をサっとみて。

さて、数々の桜並木の後は桃畑です。元来同時期に花開くのですが、今回桃には季節が少し早いそうで三分、四分咲きかな?それでも綺麗なのですが…。
この後、赤色が強くなり、いわゆる桃色の花びらが桃畑一面に咲き乱れるのでしょう。

スティーブ撮影

岡山の、農家の方は大変親切で桃の花の写真を撮っていると、「もっと近づいて撮りなさい、かまわんから」いちいち声をかけてくださり、岡山における我々の印象が変わってゆくのでした。(現在、岡山の印象は金木さんがすべてをになっているのですよ。。。)

さて桃畑の中で、神妙な顔つきで金木さんが落ち着いた趣で喋りだします。
今で言う池田厚子様(今上天皇の姉に当る)を見舞いに昭和天皇・皇后両陛下が岡山の桃畑で会う場所を作られた話です。
金木さんは「碑は少し離れた所にありますが、実際(陛下は)この場所で、お会いになられました」
話に強弱をつけ、なかなかの話振りです。ジーンと来ました。

あのオッサンただの酒飲みオヤジと思いきや、皇族にも明るい桃農家の酒飲み火消しオヤジでありました。

桃畑の道中、小さなお地蔵さんがありまして、見ていますと、この気持ちの良い天気のなかで満開の桜を下にいるだけで、お地蔵様はニコニコされているみたいでした。

この後、お昼ご飯は山陽ふれあい公園(人があふれていない、実に好い!)
金木さんが、色々準備していたのかが分かります。岡山の海の幸がふんだんに入った散らし寿司(岡山名産「まつり寿司」)。岡山名産の黄ニラをふんだんに取り込んだお味噌汁。

ソレと、パン、果物 もう勘弁してくださいと言うまでのお接待振りに、ただただ脱帽です。

2時間近くをつぶして帰路につきます。

天気がいいので、気にもなりません。道中、山陽道取替えの分岐点に立ち寄りました。
(江戸末期、長州藩と幕府の間でろくでもない浪人が岡山城下をうろうろされるのを防止するために作られた)

そんなこんなで、いつの間にやら岡山市内です。
今回は3時近くで終わりましたが、個人的には満足ですね。

皆さん如何でしたでしょうか?

文責 西川


Posted in イベント報告

Comments are closed.