Home // イベント報告 // 東京“つばさ”ラン(’10/11/28)

東京“つばさ”ラン(’10/11/28)


11月28日、東京の空は晴天で、最高気温20度、10月中旬並の暖かさで「東京つばさラン」参加メンバーを迎え入れてくれた


集合場所の北品川でスタート前のブリーフィング、幹事であるU氏の手馴れた説明と朗らかな人柄に、初参加の方々の表情も和む


しかし、B班のコースリーダーであり、下見を3回も行ってくれたN氏が来ない
出発直前に現れ皆に陳謝するN氏。「寝坊してしまいました・・・」


更に、代表の専属秘書(?)のW氏がスタート前にパンク!
笑いでごまかしながら焦って修理中


ともあれ、皆で出発前の集合写真
ワクワクしながらの出発だ

東海道五十三次の第1宿である、品川宿の旧街道を行く
今回は、親子連れやご夫妻での参加者が多い


すると下見では何事も無かった旧街道が、朝市の場となっていた・・・
想定外の事態に、人ごみを掻き分けて進むが、風情もあって、これも良いかな・・


車道を避け、品川区民公園のサイクリングロードに入る


杉の黄葉が朝日に美しい
背景は首都高速1号線


平和島競艇場のアーケード下を走る
早朝でないと、とても走れない貴重な経験?


平和の森公園に入る
無理せずに降りて押しましょう


公園の中は、ほんの一瞬、さながらジャングルの中のような雰囲気がある


大森ふるさとの浜辺公園に向かう道
季節はずれの暖かさなのか、コスモスが綺麗に咲いていた



海岸道路や湾岸道路を越える歩道橋を登る
埋立地の地形はフラットだが、人工のアップダウンは結構あちこちにあるものだ


大井埠頭の一角にさしかかると、ロードバイクの集団が闊歩
ここはロードレース大会の会場にもなる場所で、チームでトレーニングをしている人々も多い



郷愁を誘うような、深まる秋の情緒ある道を行く


手信号はきっちりと出し、後続者はフォロー
でも手を離すことにリスクを感じたら、無理にフォローしなくてもOK、安全第一だ


  

  

本日のメインイベント会場、城南島海浜公園にやってきた
目の前を大型旅客機が、羽田空港のB滑走路にランディングして行く
間近に見る迫力のシーンだ



下見の際には、風向きの関係で他の滑走路へのランディングとなったが、本番当日ではちゃんとすぐ目の前を飛行してくれる
リーダーU氏の手配に感謝!?


  

全員で記念撮影
着陸寸前とは言え、高速で移動する飛行機を上手く背景に収めるには、シャッターのタイミングとアングル決めが難しい
わがままなカメラマンの要求に何回か撮り直しをしたが、ご自慢のベストショットができた

  

各々にたくさんの写真を撮って、着陸していく飛行機を名残惜しみつつ、城南島海浜公園を後にする


京浜運河沿いのプロムナードを行く
釣りを楽しむ人々も、季節はずれの陽気に気持ち良さそうだ


A班のメンバーの早いペースについていけず(?)ちぎられてしまい、迷ってしまう
地図とにらめっこするも、何処へ向かうか分からない?


京浜島緑道公園の最先端にある展望所に登る
本日唯一の「押し」が必要な場所だ



展望所の目の前はA滑走路
飛び立つ飛行機を真後ろから眺めることができる



離陸のシーンを楽しんだ後に出発
古い埋立地の住宅街の中を行く



旧呑川緑地に入る
クルマ止めのゲートを超えられない、義足サイクリストのリカンベントを皆で担いで突破
旧呑川緑地も紅葉が綺麗だ


呑川にはたくさんのボートが係留されている
世田谷区から流れる呑川も、上流は暗渠になっている都会の川だ


交通量の多い産業道路
信号待ちの間に、乾いた喉を潤す



多摩川に架かる大師橋を渡る
2007年に現在の斜張橋に架け替えられた、美しい橋だ


多摩川の堤防を行く
自転車ブームでごった返す「多摩サイロード」だが、河口寸前の最終部分は通行も少なく走りやすい


多摩川の河口にある浮島町公園から、羽田空港ターミナル付近を望む


目の前には、先月オープンしたばかりのD滑走路が望める
D滑走路の南西側は多摩川の河口の流れを遮らないように、桟橋構造になっている


  

ここでも恒例の記念撮影
離陸シーンで背景の飛行機は遠いが、着陸とは違った迫力がある


首都高速神奈川線の下、産業道路を南下する
工業地帯の中でも秋の気配の深まりを感じることができる


ゴール地点である川崎コリアタウンへの入り口ゲートをくぐる
やっと焼肉にありつける、その表情はにこやかだ


  

  

  

川崎コリアタウンの焼肉店「東天閣」でのランチ
皆の笑顔が楽しかったことを物語っている
まぁ腹へってありついた焼肉には誰でも笑顔になるか・・・


今回参加の小学5年生のRくんは、本日が誕生日
竹沢代表からサプライズの誕生日プレゼントを頂き、思わずニッコリのTwo Shot写真

何はともあれ、無事故でトラブルもなく、無事終了
お疲れ様でした
また是非ご参加下さい!

文責:瀬戸圭祐

****************************************************  
  開催案内はこちら
****************************************************


Posted in イベント報告

Comments are closed.