Home // イベント報告 // 第二回「大阪でタンデム自転車を楽しむ会」(’10/12/12)

第二回「大阪でタンデム自転車を楽しむ会」(’10/12/12)


10月3日の第一回「大阪でタンデム自転車を楽しむ会」(於;桜ノ宮毛馬公園)に続いて、第二回目「大阪でタンデム自転車を楽しむ会」が12月12日大野川緑陰道で行なわれました。

この間、大阪では9/25毎日新聞夕刊報道、八尾ライオンズクラブから100万円(タンデム15台とヘルメット)の寄贈、11/10にCVJを含む5団体で正式に「大阪でタンデム自転車を楽しむ会」発足など着実に輪を広げる中、参加者も前回50名を大きく上回る「障害」をもった方20名を含む70名を越える多くの参加者が集い、開催されました。

イベントは10時から「タンデム自転車の贈呈式」

「記念撮影」の後、11時50分まで大阪にこんなところがあったのかというくらい緑の豊富な大野川緑陰道(途中、並木をはさみ歩道・自転車道がそれぞれ2本あるという広々とした片道3・7キロの一部コースを使用して)のタンデム走行。

その後は14^5名の「障害」をもった方有志とパイロットがペアとなって、さらにコースを進んだ大阪湾を目の前にした「矢倉緑地」(淀川と神崎川が合流し海に注ぐ景勝地)で、お弁当(持参してない方は、途中のコンビニで購入)のひとときを持つなどして、終了予定の13時を1時間もオーバーして集合地点の「あおぞら
財団」で解散という初冬のサイクリングを楽しみました。

今回のイベントにあたってCVJでは、パイロット担当をはじめ、タンデム自転車の購入、事前・当日の組み立て作業、イベント企画・進行などさまざまに関わらせていただきました。また、前回同様CVJバンダナをイベントの中心メンバーにつけてもらって、それぞれの役割に携わってもらうなどCVJバンダナの活用もさせていただきました。

「大阪でタンデム自転車を楽しむ会」ではこれから年4回程度こうしたイベントを場所を変え、「タンデム活動の実績づくり」をしていく予定です。CVJとしても今後共、積極的に関わっていければと考えております。 

文責 大島政廣

   

新しく購入した自転車の中には車イスが取りつけられるものも


「矢倉緑地」出発前のスナップ


「矢倉緑地」にて、昼食のひととき

****************************************************  
  開催案内はこちら
****************************************************


Posted in イベント報告

Comments are closed.