Home // 会員活動報告 // ニュージーランド・オーストラリア自転車旅行(2010/12/1-2011/3/23)

ニュージーランド・オーストラリア自転車旅行(2010/12/1-2011/3/23)

宮田 固


頂上手前で出会ったサイクリストに写してもらいました。

今回の自転車旅行の予備訓練として韓国釜山とその周辺を自転車旅行した(2010年9月10日~12日)とは言え、サイドバッグ4個(前輪・後輪にそれぞれ2個)、フロントバッグ1個それに後輪荷台にリュックサックを積んでの旅行は夫婦二人とも初めての経験。

 

<ニュージーランド編>
不安だらけの中、2010年12月2日、ニュージーランド(以下NZ)・オークランド空港に到着。翌3日から南に向けて自転車を漕ぎ出しました。当初はあまりの荷物の重さにハンドルを取られ、ふらつきながらの自転車走行で、もう後戻りは出来ないし、正直なところ、南島まで無事辿り着けるかな、と思いながら街を走りだしました。

2日目から、緑が鮮やかでゴルフコースのような牧場が左右に広がり、羊・牛が草を食んでいるのどかな風景に変り、自転車走行に慣れてくると、余裕が出き、不安な気持ちは徐々に薄れ、「何とかなるんじゃないの」へと変って行きました。

一般道路は「自然をできるだけそのままにする」のが国策なのか、建設費を抑えるとそうならざるを得ないのか詳しいところは分かりませんが、トンネルはなく道路はアップダウンの繰り返しで、丘を上っては下りる、そんな感じでした。
時には、川に架かる橋を越えると丘というか峠への険しい上りが待っていて、それを乗り越えると、今度は一気に川底に向けて下りで、また、峠に向けて険しい上りが待っているということもしばしばでありました。

基本的にNZ・豪州とも晴走雨休で、走行距離は一日50km前後、雨が降らない日はテント泊まりにし、雨が降ったり疲れた日はユースホステルやBackpackersホステル泊まりにしていました。旅行全行程を通じて、凡そ7割がテント泊でした。
NZでのキャンプ場はキッチン設備が充実し、大抵、ガス・電気コンロ・食器が備えてあって、自由に使え、キャンピングカーでのNZや欧米の長期旅行者が大勢います。2ヶ月、3ヶ月と旅行している者はザラで、老夫婦で旅行している人達にもよく会います。大勢の外国人にも会いました。ドイツ人やフランス人が特に多かったように思います。
NZではホステルも同じようにキッチン設備が充実しているのが大助かりで、食事は基本的に近くのスーパーで買い出しをしてキッチンで自炊していました。安く上がり、しかもいろんな人と知り合いになり、旅行情報も得られるとあって一石二鳥で楽しいものでした。キャンプ場で韓国、中国(台湾?)の若者にはしばしば会ったものの、日本人の若者に会うことはほとんどなかったのが残念でした。

そんなこんなでNZでは、北島は途中、親切なNZ人に100kmほど車に乗せてもらった以外はオークランドから北島の端、ウエリングトンまで600kmほどを縦走し、12月17日に到着しました。翌18日、対岸の南島に渡り、東海岸線を南下し鯨ウオッチングで有名なカイコーラの町でクリスマス、大晦日・正月はクライストチャーチで過ごしました。
その後は南島の中間部を走り、ミルフォードサウンドに近い観光地で有名なクィーンズタウンに1月15日到着。自転車での総走行距離は1600kmほどになりました。ここで一旦サイクリングを中断し、19日からレンタカーを借りて南端部やダニーデン・オタゴ半島を通って西海岸を走り、1月27日クライストチャーチに戻り2月1日次の訪問地、メルボルンへ向いました。


昼食休憩:自転車を止める場所を捜すのに苦労していました


ずっとこんな道路が続けばいいんですが

<オーストラリア編>
メルボルンに到着した日は熱風が吹く暑い日だったのと、泊まったホステルがよくなかったこともあり、これまで何度もいい所だと耳にしていたタスマニアへ行くことにしました。
2月4日、メルボルンからフェリーでタスマニア北部の町、デボンポートに渡り、自転車旅行を再開。東海岸を通って、2月20日州都ホバートに到着しました。そこからバスで北部第2の都市、ローンセストンまで戻り、最後、デボンポートまで自転車で走り、27日の夜行フェリーでメルボルンに戻りました。
タスマニアでの走行距離は860kmほどになりました。こちらもNZ同様坂の多いところで、アップダウンの連続に音を上げることしばしばでした。東海岸に出るまでサイクリストには一人も会わず、選んだコースが悪いのかな、と寂しい思いをしながら走っていましたが、東海岸に出てからはしばしばサイクリストに出会うようになりました。やはりここでも、ドイツ人、フランス人が多かったように思います。日本人サイクリストはホバートで二人会っただけでした。

3月1日、メルボルンから西に60kmほどにあるGeelongまで走り(40km弱自転車で走り、交通量が多いので途中で電車に乗り換えました)、そこからアデレードに向って西海岸沿いに延びるグレートオーシャンロードを走り出しました。これまでに出会ったサイクリスト達から「この道路はいいところだ」と聞いていたので、平坦な海に沿って延びる広々とした道路を頭に描いていましたが、アップダウンの多いところでフーフー言いながら走っていました。
アデレードまでと思って走ったものの結局、アデレード手前600kmほどのポートフェアリという町まで走ったところで走行を断念。そこで折り返しワーナムブールという町まで自転車で戻り、汽車でメルボルンまで引き返しました。
メルボルンからグレートオーシャンロードを含めたオーストラリア本土での走行距離は470kmになりましたが、自転車走行中サイクリストには誰一人にも出会うことがなかったのは意外でした。本土でのキャンプ場はキッチン設備がないところも多くて、NZでの楽しかったキャンプ生活が懐かしく想い出されました。

NZ、豪州のタスマニアとグレートオーシャンロードまでは自転車とキャンプ生活だったのが、最後の2週間ほどは旅行で知り合ったオーストラリア人の家にお世話になりっ放しになり、結局、時間がなくなりアデレードへ行くのを断念、汽車でメルボルンに戻ることになってしまいました。
東日本大震災のことはポートフェアリの知人宅で知りましたが、連日、津波被害と福島原発事故の映像報道が流れていて、スーパーで買い物をしている時や道を歩いている時に日本人と分かると、しばしば慰めの言葉を頂きました。


タスマニアもNZに引けを取らず坂の多いところでした


タスマニア東海岸にて

<参考データ>
[ニュージーランド]
●期間:2010年12月2日~2011年1月31日(62日)
●行程12/1(成田)->12/2(Auckland)->12/6(Raglan)->12/10(National Park)->12/7(Wellington)->12/23(Kaikoura)->12/30(Christchurch)->1/7(Lake Tekapo)->1/12(Wanaka)->1/15(Lake Tekapo)->1/14Queenstown)->1/7(Lake Tekapo)->1/23(Fox Glacier)->1/26(Christchurch)->2/1(Melboune)
●自転車走行コース:北島Aucklandから南島Queenstownまで(北島で途中100kmほど車に乗せてもらいましたが)自転車で走り、腰痛のためQueenstownで自転車走行を断念し、レンタカーを借りて西海岸経由Christchurchまで戻る。
●自転車走行距離:1780km(北島 590km、南島 1190km)

[オーストラリア]
●期間:2011年2月1日~2011年3月23日(51日)
●行程:
2/1(Melbourne)->2/4(タスマニア Devonport)->2/9(Bicheno)->2/15(Port Arthur)->2/20(Hobat)->2/23(Launceston)->2/26(Devonport)->2/28(Melbourne)->3/1(グレートオーシャンロード Geelong)->3/3(Apollo Bay)->3/10(Port Fairy)->3/15(Werribee)->3/23(関空)
●自転車走行コース:
メルボルンからフェリーでタスマニアの北部の町、Devonportに渡り、そこから自転車旅行を再開、東海岸を経由して州都、Hobartまで走った後、バスでLauncestonまで戻り、そこからDevonportまで自転車で戻る。フェリーでメルボルンに渡り、海岸線に沿って延びるグレートオーシャンロード経由アデレードを目指したが、距離にして1/3くらいのPort Fairyでアデレード行きを断念し汽車でメルボルンに戻る。
●自転車走行距離:1330km(タスマニア 860km、グレートオーシャンロード(豪州本土) 470km)

[自転車]
●TREK 7.5FX クロスバイク(夫婦同じ自転車にしました。トラブル発生した時にお互いの自転車を見比べれば原因解明が容易と考え)
●タイヤ、チェーン、ブレーキシュー、スポーク(荷物を多く積むことになる1台のみ、32本に組み替え)のみ改良
●ボトル・ホルダーケースを一つしか自転車フレームに取付けられないので不便(ペットボトルを荷台にくくりつけていた)

[荷物](各一人分)
●サイドバッグ 4個(前輪 X 2、後輪 X 2)
●フロントバッグ 1個
●リュックサック(後輪荷台 テント他嵩張るものを収納)
総重量(二人で80kg~90kg自転車・キャリア・バッグ込み)。他のサイクリストと比べても荷物が多くて、NZで輪行袋、ラジオ等日本に送り返して11kgほど減量した。

[自転車トラブル]
●パンク一度もなし
●ブレーキワイヤが切れかかり、Kaikouraの自転車でワイヤ交換
●チェーンが走行中、2度はずれた

[失敗等]
●両替したNZドル・豪ドルそれぞれ10万円相当、家に置き忘れてしまった。支払いはほとんどクレジットカードで済ますことができたが、中には現金しか使えない時があり、心細い思いをしたこともあった。
●友人等のメールアドレスを控えてくるのを忘れてしまった
●紛失:自転車用ウインドブレーカー、タオル2本、コンタクトレンズケース


Posted in 会員活動報告

Comments are closed.