Home // イベント報告 // 「狭山湖多摩湖花見ラン」レポート

「狭山湖多摩湖花見ラン」レポート

******************************
       開催案内はこちら
******************************

送信者 2009.3.28狭山湖多摩湖花見ランレポート用写真

本年第二回のサイクリング“狭山湖多摩湖花見ラン”、2009年3月21日に東京で桜の開花宣言がされてから一週間後の3月28日ですが開催5日くらい前から東京では寒の戻りで気温が上がらず最高気温が10度前後の日々、わたくし事ではありますが神奈川県大和市から小金井公園までの移動は小田急線を利用し小田急永山から自走で小金井公園へ目指すことにしました。しかし走ると寒くなかなか体が温まらない8:15頃小金井公園に無事到着やっと体が温まりました。
寒い中“皆さん集まっていただけるだろうか?”と思っていましたが9時になるとご覧のように多数の方にお集まりいただきました。

送信者 2009.3.28狭山湖多摩湖花見ランレポート用写真

集合後は花見ランを企画したCVJスタッフよりコースの注意事項、CVJ代表のあいさつ、準備運動などを行い9:30に”出発進行!!

送信者 2009.3.28狭山湖多摩湖花見ランレポート用写真

AチームからB,C,D,Eの順にスタート、写真はAチームのみなさま

小金井公園を出て玉川上水の桜並木の眺めつつ走行、桜はまだ二分咲きか三分咲きと言ったところでしょうか。途中残堀川の交差箇所でスタッフから”流れの勢いで残堀川の下をくぐり新宿四谷へ玉川上水が流れている”旨の説明を聞く。私もスタッフですがそんなことは知らなかったなるほどなるほど。これは江戸時代に出来た1653年頃の技術だそうです。

送信者 2009.3.28狭山湖多摩湖花見ランレポート用写真

残堀川をあとにし武蔵砂川駅の先で玉川上水から離れ各チームリーダーの裁量で買い物へ
野山北公園自転車道で他のグループメンバーと会いどこで昼食の買い物をしたかちょっとした情報交換。
ちなみにこの野山北公園自転車道は羽村山口軽便鉄道の跡地とのこと大正末期から昭和初期にかけて村山・山口両貯水池造成の為、砂利・建設資材を運搬していたそうです。

送信者 2009.3.28狭山湖多摩湖花見ランレポート用写真

そしていよいよ昼食の目的地であるトトロの森の狭山湖へ、途中ダートがありロードレーサーの方ゴメンナサイという感じです。中には落葉で滑り転倒というシーンも見受けられましたが怪我もなく狭山湖到着かなと思いきやなんとDチームのメンバーとリカンベントのCVJ参加者がいない……….
リカンベントは坂道の為遅れてお疲れモードで無地到着するがDチームは到着せず心配になり一部のスタッフがDチームリーダーへ携帯で電話した結果、道を間違いなんと狭山湖の北側へ行ってしまった。到着には時間がかかるとの情報があり、全員集合出来ずの昼食となりました。Dチームの皆様大変失礼いたしました。
下は狭山湖到着のスナップとM氏のリカンベント

送信者 2009.3.28狭山湖多摩湖花見ランレポート用写真
送信者 2009.3.28狭山湖多摩湖花見ランレポート用写真

昼食後はチームごとに狭山湖をバックに集合写真を撮影しました。上からA,B,C,Eの順

送信者 2009.3.28狭山湖多摩湖花見ランレポート用写真
送信者 2009.3.28狭山湖多摩湖花見ランレポート用写真
送信者 2009.3.28狭山湖多摩湖花見ランレポート用写真
送信者 2009.3.28狭山湖多摩湖花見ランレポート用写真

狭山湖をあとにし、多摩湖湖畔のあたりで太陽が顔を出し寒い中でも少し暖かくなり快適に走れました。その後は玉川上水へ戻り、元の小金井公園へ無事事故もなく戻ることができました。
到着後は狭山湖サイクリングについての感想など会話が弾み和気藹藹となり解散のあいさつ後も残って話をされる方もおりサイクリングの楽しさを共有出来たのではないかと思いました。

またM氏リカンベントの試乗会!?となり私も体験させていただきました。感想としてはバランスを掴むのに殆ど時間がかからず慣れてしまえば楽な姿勢で乗ることができ、普段と違った視点で楽しめました。他のメンバーも興味深く試乗され貴重な体験だったのではないのでしょうか?

参加された皆様に記入していただきましたアンケートについて紹介させていただきます。

・今回初参加で楽しませて頂きました統括的には良かったです。
・今回も楽しく走らせていただきました。あまり走っていないので、のんびり走るコースもあると楽しいかも…いつも走っている方には物足りなくなりますね。
・ダートがある場合は告知してほしい。知っていればMTBで来た。わざわざここを選んで走らなくても良いのでは?といった場所が多かった。
・焦らず、末永く、楽しんで
・街をゆっくり走りながら各地の観光するのが楽しい。車やオートバイでは通り過ぎて気付かないところも見ながら走るのが良い。
・もう少しスピードをあげて欲しかったです。

などの貴重なご感想やご意見をいただきました。今後のより良い企画ができるよう活かしてゆきたいと思います。
アンケートのご協力ありがとうございました。

後日調べたら当日の最低気温が3.7度(東京府中のアメダスより)と冬のような寒い中、多数の方にご参加いただきありがとうございました。
また前回の三浦や前々回からリピーターの方がいらっしゃいますので期待を裏切らないような活動を心掛けてゆきたいと思います。

最後までこの筆不精なレポートにお付き合いいただきありがとうございました。

TOMOHIRO N.


Posted in イベント報告

Comments are closed.