Home // 会員活動 // 例会について // 2011年5月 関西支部例会報告

2011年5月 関西支部例会報告


<CVJ関西ミーティング> 2011.5.14
CVJ 5月関西ミーティング兼懇親会「Sさん宅」(阪急・千里山)(5名参加)
  
A、 前回ミーティング以降のあゆみ
①2011.3.13 関西ミーティング(8名参加)「花鳥の桜めぐり」(梅田・桜橋) 
②2011.3.18 CVJ東日本大震災義援基金開始。郵貯銀行・関西支部口座を窓口に。
③2011.3.25 「CVJ理事キックオフミーティング」(理事会)8名(関西から1名参加)
④ 2011年3月28~4月3日:東日本大震災支援「足湯プロジェクト」CVJ7名プラス家族1名
  4カ所の避難所で6回足湯活動 延べ145名の入浴。自転車整備、タイヤ寄贈。福島県でNさんが会員に。
⑤ 2011.4.3 八尾「ゆるり福祉会」タンデムミニ試乗会 全体40名(内スタッフ12名)CVJ 関西(4名)
⑥ 2011.4.17 関西支部「春のラン」(奈良)8名参加(内CVJ参加3名)
⑦ 2011.4.19 愛知県大府市「型善」へ。ノーパンクタイヤ講習・受け取り(1名)
⑧ 2011.4.23,24(再放送)「FMひらかた」(「わが町のNPO」出演→足湯プロジェクト、「第4回ふれあいサイクルイベント」について話す。30分番組)大島出演
⑨ 2011.4.23 「大阪でタンデム自転車を楽しむ会」打ち合わせ(於)あおぞら財団
⑩ 2011.4.28 「第4回ふれあいサイクルイベント」4回目下見(6名)(淡路島で17カ所のチェック)
⑪ 2011.5.8 「タンデム体験会」(大視会主催、タンデムを楽しむ会協賛)70名参加
(CVJ7名パイロット・メンテ係)   (於)大野川緑陰道

B、 この間の活動と今後の活動計画など
① 4/17(日)関西支部「春のラン」について→当初の日時・場所の変更などあったが、よき出会いができた。イベントごとにターゲットを考えながら計画づくりを行なう。
② 関西支部会計の件(請求費目・期限など今後検討する)
③ 次回以降ミーティングについて(奇数月に行なう。曜日→週末・日曜、平日交互)
7月24日(日)→後日、担当者から詳しい連絡をいただく。
④ CVJ理事会(3/25)の報告
※ 過去3年間の歩みを土台に4年目のスタートに向けて,新年度の理事決定→今年度にNPO法人化をめざす。
     ※ 8月上旬「海外ラン」(韓国)→早急に参加者を募るなど準備を進める。
  ⑤ 「第4回ふれあいサイクルイベント」について
※ 現在の参加者数(61名)女性ボランティアの不足
※ 当日の役割分担 ①記録 ②伴走車・運転 ③会計の決定
※ 6/3(金) タンデム自転車受け取り
※ 6/3(金) ボランティア打ち合わせ 19時阪急・茨木市近く「平八」にて
※ 一般参加者用バンダナ3月完成
⑥ 新年度CVJ関西の役員について(支部長、副支部長、会計、渉外、タンデム係の決定)
⑦「大阪でタンデムを楽しむ会」の活動
※5/8(日)「タンデム自転車体験会」反省→メンテで果たした役割は大きい。足ベルトを用意する必要。   
 ※今後の大阪でのタンデムイベントについて
・6月29日(日):楽喜(ラッキー)の会 ・ 8月29日日本福祉のまちづくり学会 第14回全国大会(堺大会)・秋(11月頃)に開催
・7月8日(金)宇都宮一成さんの体験を聞く会 (於)日本ライトハウス情報文化センター
・パイロット講習会や認定制度→マニュアルづくり(担当:大島) 
・役員会を偶数月の第3金曜日に定例化する
・公的にタンデム走行を認めてもらう取り組みを進める(署名、維新の会などいくつか柱を立てて)
・会のあり方→会則や会員、会の進め方なども検討していく。
⑧ 秋のラン 担当者の決定 場所;琵琶湖(滋賀県) 日程;今後決定する。

C,その他 
・欠席会員の近況報告 
・ノーパンクタイヤについて→「型善」さんから預かった実物を全員でみる。  

以上 文責: 大島 政廣