Home // イベント // イベント2011 // 三浦オーシャンビューラン(2011/10/9)

三浦オーシャンビューラン(2011/10/9)

 秋晴れの絶好のサイクリング日和の中、津久井浜駅に参加者が続々到着。今回のイベントでは、ロード、クロスバイク、小径車とそれぞれの参加者が愛車とともに、三浦半島の海沿いをゆったりと楽しむもの。早くも集合場所で自転車談義が始まっていた。
  
<続々と津久井浜駅に集合>        <準備体操>

 一般参加者25名、CVJメンバー参加者15名が一同に集まり、コース、注意事項に続いて、準備体操。まずは、筋肉を目覚めさせるところから始める。続いて、全員で集合写真。自転車を持ち上げて撮影するのが恒例だ。

<集合写真>

 参加者が4チームに分かれて、いよいよ出発。同行の参加者同士で自己紹介。休憩時間に親睦を深めるのも、イベントの楽しみだ。

                 <チーム毎に撮影して、いざ出発!>

 津久井浜駅を出て、三浦海岸方面へ海沿いを行く。穏やかで気持ちいい風が迎える。いくつかのアップダウンを経て、間口漁港から剱崎灯台へ。連休のため、ウォーキングしている人も多いようだ。灯台下からの眺めはなかなかのもの。
 
                  <剱崎灯台をバックに>

 ここから先は、景色が開け、車も少ないため、多くのサイクリストが訪れるポイントだ。少し長めの坂を登りきった風車の公園で参加者全員集合。海を見下ろす見晴台で記念撮影。

<気持ち良く下った先にはうっすら上り坂と、風車が>     <風車到着>


<見晴台にて>

公園を出て間もなく参加者の自転車でパンク発生。トラブルに対してどう対処するか、熟練者に教わるのもイベント参加のメリットである。


<安心の緊急パンク修理!>

 昼食ポイントの城ヶ島へ。海の上を渡るのは、やはり気持ちが良い。「しぶき亭」はサイクリスト御用達のレストラン。自転車ラックを用意して迎えてくれた。40台もの自転車が揃うのは、壮観だ。刺身、魚フライなどに加えて、サービスのゲソ揚げもあり、ボリューム満点。午後への活力が湧く。同じ趣味を持つ者同士、初対面でも話が弾み、和気あいあいとしたランチタイムだった。

<しぶき亭到着>                 <話も弾むランチタイム>

 城ヶ島から三崎漁港へ。観光客で大変な賑わいを見せていた。油壷よりシーボニア(ヨットハーバー)を経て、白髭神社前で休憩。ここから先が今日一番の激坂ポイント。一気に激坂を登る人あり、ゆっくりと自転車を引いて登る人あり、それぞれのペースで楽しんだ。そろそろ疲れを見せる参加者も出始め、励ましながら進む。

                    <思い思いに激坂を登る>

 三崎口駅を経て、和田海水浴場、ソレイユの丘へ。ソレイユの丘では、入場を待つ車の大渋滞。自転車で移動するメリットを大いに感じた。
 最終目的地は、荒崎公園。自転車を降りて散策した。皆リラックスした様子。夕日の絶景ポイントらしい。今度は夕暮れ時に訪れたい。

 三浦海岸駅、津久井浜駅で解散。参加者は電車や車で帰路へ。事故も無く、秋の素晴らしい1日を満喫できた。


<のんびりした風景の帰り道>


<解散。おつかれさまでした!>

(文責:竹内義晴)