Home // イベント // イベント2008 // 2008しまなみ海道サイクリング

2008しまなみ海道サイクリング

多数ご参加ありがとうございました。無事終了しました。

サイクルボランティア・ジャパンが後援する、「しまなみ海道」サイクリングが7/20-21に行われます。 参加者、およびサイクルボランティア・ジャパンの会員となってサイクリングをバックアップしてくださる方を募集しています!

お問い合わせ、申し込み

「しまなみ海道」サイクリングの旅 2008・7・20(日)~21(祝)

~~~心身に「障害」をもつ方々へのお誘い~~~

やってみませんか

瀬戸内海横断サイクリングの旅を…

概要

(C)IKEDA,Kenichi

今年は「しまなみ海道」(本州~四国間の瀬戸内海80km)を夏に2年間かけてサイクリングで横断する計画の第1年目です。

主催

  • サイクルボランティア・ジャパン(CVJ)
  • 青い鳥ことばの会

今年は「しまなみ海道」(本州~四国間の瀬戸内海80km)を夏に2年間かけてサイクリングで横断する計画の第1年目です。

☞ 「サイクルボランティア・ジャパン」(CVJ)について

「サイクリングの楽しみを自ら味わうだけでなく、多くの人たちにその楽しみを伝えたい。また、海外サイクリストとの交流や支援、「障害」をもった方へのサイクリング普及援助活動、緊急災害時に自転車を活用しての支援活動の実施など自転車という媒体を通していろいろな社会貢献をできれば」といった趣旨で、今年5月に結成された団体です。

☞ 「青い鳥ことばの会」について

大阪と名古屋で「障害」をもった子どもたちに主に言語指導を中心にした「療育教室」で、毎年夏に「療育キャンプ」を行っていますが、今回は「サイクルボランティア・ジャパン」と協力し、幅広く「障害」をもった方々への参加を呼びかけ、普段の生活では味わえないような体験・企画をと考え2年計画で、「しまなみ海道」を自転車で横断しようというプランを計画しました。

<計画の概要>

  • 日 程 :2008年7月20日(日)~7月21日(祝)
  • 宿泊場所:「大新旅館」広島県尾道市高須町5069  ℡ 0848ー46ー0899
  • 内 容 :「しまなみ海道」サイクリング、記念品製作、花火、似顔絵体験、瀬戸内海での遊泳、夜いっぱい呑みながらの「参加者交流会」、尾道・瀬戸内海観光など。
  • 費 用 :大人 (中学生以上) 10000円、子ども6000円(小学生)、幼児3000円、(参加費の徴収は当日) (1泊4食、諸費用を含む) ―― 但し、集合地点までの交通費は別―― 前泊者は銭湯代のみ実費、食事・タオルケットなどは各自で持参ください。
  • 持ち物:着替え、洗面具、水着、水中メガネ、タオル、筆記用具、しきもの、車酔い止め薬、帽子、水筒、日焼け止め薬、サイクリング時リュック・手袋など また、夜の交流会時の飲食物の差し入れは大歓迎いたします。
  • 参加についての問い合せは、大島政広の携帯電話(090ー6370ー6244)まで
  • 参加申し込み締め切りは、7月15日(火)。
  • 締め切り後のキャンセルは、大人2000円、子ども1000円とします。

< 具 体 的 な 「 プ ロ グ ラ ム 」 >

―― 7月20日-

8時20分 京阪枚方市「ラポール」横、関西空港行きバス停集合

  • ☞ 集合時間は、その地点を出発する時間ですので、事前に御集合ください。

8時50分 阪急茨木市駅前「高槻・茨木支援学校スクールバス停」集合

  • ☞ この2カ所から、バスに乗車し、広島県へ移動します。
  • ☞ バス車中で、参加費徴収を行い、別紙「実施要項」・「部屋割り一覧」などをお渡したり、キャンプの日程説明、参加者自己紹介を行います。

12時 昼 食 宿泊場所の「大新旅館」で、カレーライスをいただきます。

  • ☞ 「部屋割り一覧」に基づき、部屋に荷物を置き、担当ボランティアと一緒にバスで尾道市内観光に出かけます。

13時 尾道市内観光(千光寺公園・浄土寺など)

  • ☞ 明日のサイクリングに備え、しっかりボランティアとの信頼関係を築いていただければと思います。

17時半 「大新旅館」でのひととき(旅館は、全館貸切になっています)

  • ☞ 入浴は部屋ブロ・2F浴室に分かれてご利用ください。

18時過ぎから、旅館自慢の夕食。(於)旅館1階食堂 19時から2階大広間にて「全体交流会」

  • 「キャンプ参加記念品」製作(武田伊左男さんの指導で、ボランティアといっしょに記念製作のひとときをお過ごしください)
  • 「シャンソン・ミニコンサート」高島尚代さん(大阪府・枚方市より来てくださいます)の素敵な歌声をお楽しみください。
  • 「ミニ体験発表」夫婦で10年間タンデム自転車で世界一周された宇都宮一成さんの話、また、世界一周サイクリング継続中のシール・エミコさん夫妻も参加のための日程調整してくださっています。
  • 「似顔絵コーナー」→阪神大震災以来約3000枚もの似顔絵をボランティアで描いてこられた武田伊左男さんに描いてもらってください。(行きのバスで抽選 し、整理券を発行します)

21時過ぎ、旅館前広場で「花火大会」をします。

  • ☞ 「参加者交流会」(2階「大広間」にて) 「参加者交流会」は、ジュースやお酒・ビールなどを呑みな がら、ゲストの方々、ボランティアのみなさんを交え、家族 の交流や日常のさまざまな思いをゆっくりと歓談したく思います。 前日はゆっくりと休養をとって御参加ください。 (時間無制限・飲み放題!?、費用は参加費に含まれています) ・希望者は「カラオケ」設備もあります。

――7月21日――

☞ 午前7時「 朝 食 」(旅館1階食堂にて)

  • サイクリングや散策をしますので、たくさん食べてください。

☞ 午前8時半 旅館で「昼食」とお茶を受け取り、全員バスで尾道へ。 9時 「しまなみ海道」サイクリング(約40km)(2つのグループに分かれます)

☞ ①グループ(全行程を自転車で走る)

・「レンタサイクル」を借り、ボランティア(家族)といっしょに、生口島まで約40kmの行程を自転車で走ります。(橋に到るまで少し登りがありますが、橋からの景色は絶景ですヨ)。 <地図は当日お渡しします>

  • (ア)健脚を自認される方は、「尾道大橋」・「因島大橋」「生口橋」の3つを体験してください。(それぞれ10円・50円・50円の通行料金がかかります)
  • (イ)少し自信のない方は、「尾道大橋」をパスして、バスまたは渡船(70~110円 )で、対岸の向島に渡り、サイクリングを開始してください。

ゴールは「生口橋」を渡り、一般道と合流する地点です。(昼食休憩を含め4時間半~5時間をメドにゴールをめざしてください) (どのコースも先導ボランティアを用意します) 途中、走れなくなったり、海水浴を楽しむなどサイクリングを中断する場合は、担当ボランティアを介して大島携帯まで連絡をください。その場合、帰路のバスにリタイア地点から乗っていただきます。 (暑い折、決して無理をなさらないでくださいネ)

昼食は、旅館で受け取ったものを随時、休憩の折に食べてください。

☞ ②グループ(橋と近辺のみサイクリングまたは徒歩での散策)

・ それぞれの橋のたもとまでバスで移動し、橋とその近辺を徒歩またはサイクリングで散策。橋で潮風に吹かれながら瀬戸内海の景色を存分にお楽しみください。 ・ ①グループより早く生口島に到着しますので、島にある海水浴場サンセットビーチで昼食と遊泳のひとときを楽しむ予定です。

14時 帰 阪 ☞ 帰路、サイクリングメンバーをバスに収容しながら尾道へ。 レンタサイクルを返却後、福山西から高速道路に入り、適宜休憩とりつつ大阪へ戻り、茨木市には18時頃の帰着予定です。 ☞ 帰りの車中で「反省会」→2日間の感想などを交流させていただきたく思っております。 ☞ 帰阪後、茨木市または枚方市にて「 現 地 解 散 」。

<実施にあたってのあれこれ>

  • ☞ 遠くから参加される方のため、前日、宿泊を希望される方は、「青い鳥ことばの会」茨木教室(茨木市主原5-33)を開放しますので、タオルケット持参でご利用ください。銭湯も近くにあります。
  • ☞ 「サイクルボランティア・ジャパン」(CVJ)は、今回の計画実施にあたって、実際のサイクリング時のボランティアとしてだけでなく、1日目夜の「全体交流会」で海外サイクリング体験の発表や「障害」をもった方々の参加者に少ない経済的負担で、こうした旅行を楽しんでいただきたいということでバス代金・ボランティア宿泊などの行動費用を補助する予定になっております。
  • ☞ 上記のような趣旨で計画されていますので、お知り合いの「障害」を持った方々やボランティア参加希望の方など誘いあって多数ご参加者いただければと思っております。
  • (但し、定員はバス乗車可能の40人までとさせていただきます)

参加者には、詳しい別途「実施要項」・「参加者名簿」・「関連地図」などをお渡しします。また、プログラムは当日の天候などで一部変更させていただくこともありますので、御了承ください

お問い合わせ、申し込み

(C)IKEDA,Kenichi